最新のキャンペーン情報はこちらから

英語が話せるようになるには?|TOEIC355点からの逆襲

英語が話せるようになりたい

とはいえ、英語の勉強法は無数にあり、どのようなやり方が一番いいのか迷ってしまいますよね。

そんな方のために、英語学習を独学で4年間続けている著者が

初心者から英語学習を始めるとしたら
どのように勉強するか

という視点で「話せること」を目標にした英語学習法をイチからまとめました。

著者が学習を始めた当時のTOEICスコアは355点。

現在は、TOEIC935点を取得し、外資系企業に勤務をしています。(著者のプロフィールへ)

本記事では4年間の経験に基づく勉強法をギュッとまとめました。

どのように「話せるレベル」まで持っていくのか、具体的に解説していきます。

本記事の対象読者

英語が話せるようになりたいと思っている全ての社会人

※学生の方の参考にもなりますが、学校で学ぶ順番と少し異なるので注意してください。

それでは、「話せるようになるための勉強法」を見ていきましょう!

この記事は、「英語が話せるようになりたい!」と思う方のために、勉強法を細かく解説しています。
文字数が1万文字以上あるので、ブックマークして見返せるようにしておくのがおすすめです!

目次

「話せるようになる」とはどんな状態?

学習法に進む前に、この記事で目指す「英語が話せる」とはどんな状態か確認しておきましょう。

本記事で目指す英語が話せる状態

  1. 自分の思ったことを簡単な英語で伝えられる
  2. 外国人と簡単なコミュニケーションが取れる

記事の内容を実践すれば、確実にこのレベルの英語力まで伸ばすことができます。

話せるようになるまでの学習イメージ

話せるようになるための英語学習のイメージはこちら。

やることは、いたってシンプル。

基礎固めの後、オンライン英会話(アウトプット)×座学(インプット)でらせん状に英語力を伸ばす。

つまり、「インプットとアウトプットをバランスよく繰り返す」ということです。

「え!?それだけ?」と思うかもしれませんが、全体像はこれだけです。

基礎学習のみ、短期集中で終わらせて、後は並行して進めていくことをおすすめします。

1日の学習スケジュールは自由ですが、最低でもオンライン英会話を週3回は入れるようにしましょう。

【何問できる?】レベルチェックテスト35問

 

自分のレベルがどれくらいか分からない

まきお

いくつか問題を用意しました!

中学レベルの問題となっています。

実際にやってみて、「中学レベルの実力」があるかどうかを確認してみてください。

単語力測定(25問)

Weblioのページに移動し、単語テスト(25問)を受けてみてください。(ページが移動します)

Weblioの語彙力診断テストを受けてみる

中学文法(5問)

発音チェック(5問)

以下に記載する単語の発音を、スマホの音声認識を使ってチェックしてみましょう
英語発音チェックの設定はこちら

  1. think sink
  2. see she
  3. bat but
  4. rock lock
  5. ball bowl

※音声認識は似た単語を発音すると修正が入るので、1度でも正しく認識されていればOKとして大丈夫です。

いかがでしたか?意外と難しかったのではないでしょうか?

中学レベル判定の目安としてはこんな感じ。

英単語レベル4~レベル5
英文法4問正解/5問中
発音4問正解/5問中

1つでも達成できなかった方は、基礎から学習しなおしてみることをおすすめします。

まきお

もちろん、達成できなかったところだけでもOKです。

基礎力をつけるための学習法

ここからは、基礎学習について解説していきます。

基礎力にあたるのは中学英単語・中学英文法・発音です。

「なんで発音が入っているの?」

という質問にお答えした後、それぞれの学習法を解説します。

発音の学習がなぜ重要なのか?

約4年英語を学習してきた経験から、発音は必ず最初に覚えた方がいいと断言できます。

発音の学習を最初にするべき理由は、以下の通りです。

  • 発音がきれいになる
  • リスニング力が上がる
  • 短期間で学習できる

発音がきれいになる

言うまでもないかもしれませんが、発音の勉強をすると発音がよくなります。

もう少し正しく言うと、「伝わる発音ができるように」なります。

先ほどテストしてもらったthinkとsinkは意味が全く異なります。

正しく発音できてないとthinkと言ったつもりでも、相手にはsinkと聞こえている、なんてことがよくあるのです。

まきお

I’m thinking(考えてます) がI’m sinking(沈んでいます)に聞こえて笑いそうになった、なんて話もよく聞きます。

リスニング力が上がる

自分が発音できない英語は聞き取りも出来ません。

逆に、自分が発音できる英語は、聞き取れるのです。

正しく発音できれば自然とリスニング力も上がっていきます。

以下の動画を見れば、「発音できる英語は聞き取れる」を体験できますよ。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる